ハクビシンの対策を業者に依頼!|怖い害獣をいざ退治

住まい

いくつかのポイント

インテリア

ハクビシン対策を図る上で、業者選びはすごく重要な事柄と言えます。いくつかポイントはありますが、その中でも特に重要なポイントは「保証制度の有無」です。専門業者と呼ばれる業者の多くがアフターケアや保証制度を設けていますが、ハクビシン駆除を行なっている業者もそのサービス内容に応じたアフターケアを設けています。ただそのアフターケアの保証制度の内容は業者によって様々なので、事前にしっかり確認しておきましょう。現地調査を依頼する前にやっておけば、後々スムーズに見積もりの確認や正式な依頼の判断が図れるようになります。ほとんどの業者のHPにアフターケアや保証制度の内容や年数が記載されていますが、中にはこれらを記載していないHPもあります。業者を利用する上で重要なポイントの1つなので、必ず内容に目を通しておきましょう。

あまり知られていませんが、ハクビシンは日本では鳥獣保護法の対象となっている動物です。有害獣ではありますが、許可なく捕まえることはできないのです。農作物に大きな被害を与えていることが分かっても、市や県に申請をして許可を得ないと対策及び駆除ができない決まりとなっています。ただハクビシン駆除を専門としている業者は狩猟免状の資格を持っているスタッフを雇っているので、捕獲してもらうことが可能なのです。ハクビシン駆除業者の中には、一部ではありますが悪徳業者が存在します。悪徳業者の中にはこの狩猟免状の資格を持たずに駆除を行なおうとする業者もいるので、十分注意しましょう。