ハクビシンの対策を業者に依頼!|怖い害獣をいざ退治

女性スタッフ

いくつかのポイント

インテリア

ハクビシン駆除の専門業者を利用する際は、しっかりとしたアフターケアや保証制度を設けている業者を選ぶようにしましょう。ハクビシンは有害獣ではありますが、日本では許可無く捕まえることができない決まりとなっています。鳥獣保護法の対象動物だからです。

詳しくはこちら

侵入経路の有無

作業者

ハクビシンが家屋に入ってくるのを防ぐためには、ずばり「侵入経路の遮断」が最も効果的です。ただ、この対策法は素人にはやや難しい対策法であり、完璧に施工するのにかなりの手間隙を要してしまいます。侵入経路の遮断は専門業者に依頼しましょう。

詳しくはこちら

個人による対策法

室内

ハクビシンの駆除は、素人には非常に難しい行為です。ただ対策法や予防法を図ることはできます。簡単な対策法ではありますが、ある程度の効果が得られるのでぜひ実践してみましょう。

詳しくはこちら

日本の代表的な有害獣

ハクビシン

ハクビシンはやアライグマ、イタチは、日本においては有害獣であることで知られています。特にハクビシンは畑や家屋に次々と被害と痕跡を残す厄介な有害獣です。ハクビシンはちょっとした隙間さえあればすぐに侵入してきます。人間が入れないような軒下をはじめ、家屋の色々なところから侵入してくるので、侵入口となる箇所を防ごうにも限界があります。このような時に頼りになるのが駆除を専門としている業者です。害虫駆除の専門業者は、これらの有害獣を適正な方法で駆除し、二度と周辺に近寄らないよう対策を図ってくれます。被害の状況がひどくなってしまう前に、早い段階で専門業者に助けを求めましょう。ハクビシン駆除を行なっている専門業者は全国に多く点在していますが、インターネットを利用すれば簡単に探すことができます。PCやスマートフォンを使えば数分で調べられるので、何かあった時のために今のうちに頼れる業者を探しておくとよいでしょう。

専門業者によるハクビシン対策の方法の中には、特殊な薬剤を使用するものもあります。薬剤の種類は案外多いですが、その中には人体に影響を及ぼしてしまう可能性がある薬剤もあります。ただ、事前に業者の担当スタッフにその旨を伝えておけば、使用する薬剤の種類をしっかり考慮してくれます。アレルギー体質を持った人や、刺激肌を持った人も何の影響も無く工事を見守れます。何かあった時のためにも、業者が設けているアフターケアや保証制度の有無、そして内容は非常に重要です。事前にしっかり確認しておきましょう。